労災病院の薬剤師の採用基準

労災病院薬剤師TOP >> 基礎 >> 労災病院の薬剤師の採用基準

労災病院の薬剤師の採用基準

労災病院では病気の治療だけでなく、リハビリテーションなど健康の回復、社会復帰まで幅広い医療を行っています。そのため医師と看護師だけでなくさまざまな分野の専門家が加わったチーム医療の形で医療体制が整えられています。そんな労災病院のチーム医療では薬剤師も非常に重要な役割を担っています。治療目的の投薬はもちろんのこと、職場における健康管理や維持目的のための薬剤の処方や服薬指導なども行います。そのため薬剤に関する専門的な知識・スキルだけでなくコミュニケーション能力など総合的な能力が求められるのが特徴です。こうした観点に基づいたうえで労災病院では薬剤師の採用基準を設けているところも多く見られます。

では労災病院の薬剤師の採用基準について見てみましょう。まず知っておきたいのはスタッフの人数です。具体的な人数に関しては各労災病院によって異なりますが、通常は10人前後くらいの体制が敷かれています。内訳はトップに立つ薬剤部の部長が1名、主任が数名、残りが薬剤師となります。施設によっては薬剤助手が着くこともあります。採用の場合は通常一般の薬剤師としての形が大半ですが、施設によっては主任待遇での採用も考えられます。その場合は労災病院を含む医療機関の薬剤部でのキャリアが重要な採用基準となります。

それから多く求められるのがすぐに働ける人です。薬剤師の転職活動では働きながら次の就職先を探し、決まった後に退職するケースが見られます。つまり採用が決まってから実際に入職するまでの間にある程度の期間があるわけです。しかし労災病院の場合は採用からすぐに入職できる人を優先する傾向が見られます。先にあげたように、各労災病院の薬剤部のスタッフは決して多いわけではないため、増員・欠員の補充が必要になった場合にはできるだけ早く人材を確保する必要があります。採用から入職まで1ヵ月以上もかかるような形での採用は期待できません。採用基準ではなく応募資格としてこの点を明記しているところもあるのであらかじめ確認しておくようにしましょう。

特定の資格を保有しているかどうかが採用の際に重要なポイントとなることもあります。労災ではさまざまな健康の問題を抱えている患者の治療を担当するため、専門的な知識・スキルが求められることも多いのです。認定薬剤師のほか、糖尿病療養指導士など、こうした資格が明確に採用基準として設けられているケースは少ないですが、保有していることでかなり有利になることは間違いありません。このように労災病院ならではの事情の上で採用基準が設けられていることが多くなります。

労災病院の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

労災病院の薬剤師転職の基礎

条件別の労災病院の薬剤師求人

労災病院の薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2017 労災病院薬剤師求人ガイド【※人気転職サイトの徹底比較】 All Rights Reserved.