労災病院の薬剤師の人間関係

労災病院薬剤師TOP >> 基礎 >> 労災病院の薬剤師の人間関係

労災病院の薬剤師の人間関係

労災病院の人間関係は、当然ですが病院によって異なります。一口に労災病院といっても、病院によって薬剤師の勤務する人数も、勤務体制も病院によって違いがありますし、勤務する薬剤師によって雰囲気もかなり違ってきます。年配の薬剤師が多い場合は落ちついた雰囲気になりますし、若い薬剤師が多い場合は多少にぎやかで活気があるところが多いでしょう。調剤薬局と違って、総合病院の場合は薬剤師が店頭で業務を行うわけではないので、そこでどんな薬剤師が働いているのかを見極めるのはむずかしくなります。転職を考えていて、どんな人が働いているか気になる場合は、面接の際に、年齢構成や雰囲気などについても質問しておくのがおすすめです。雰囲気などは主観も入るので聞いてもイメージ通りでないことはありますが、年齢構成や働いている人の勤続年数などは参考になります。

ただし、労災病院の薬剤師は、公務員ではないものの、それに準じた待遇となりますから、薬剤師の中では比較的安定していて給料や退職金などにも恵まれた職場ということになります。さらに、休暇などの点でも充実していることが多いため、一度働き始めると簡単にはやめていかないのが現状です。採用は個々の病院で行われるため、採用されたらずっとその労災病院で働くのが基本となりますが、労災病院の場合は労災病院間での転勤はあり得ますし、家庭の事情などで引っ越す場合は引っ越し先の労災病院に勤務可能な場合もあります。

とはいえ、転勤となると他県となることが大半ですし、簡単に希望を出せるものでもありませんから、基本的にはメンバーがかなり固定された状態で働き続けることになります。看護師であれば、同じ労災病院の中で違う診療科に配置転換されるなど、メンバーの移動もありますが、薬剤師は人数が少ないこともあってそれもありません。そんな中で、仲の悪い薬剤師がいても、日によっては一日中同じ場所で仕事をすることになったり、顔を合わせたりすることになるのです。

実際に、人間関係が嫌で転職する薬剤師もいますから、どの労災病院も人間関係が良好ということではありませんが、逆にすべての労災病院で人間関係のトラブルがあるわけではありません。病院によって違いはありますし、総合病院でも個人経営の薬局でも薬剤師の人数は数人から多くても十数人程度になりますから、人間関係が難しいことには変わりないでしょう。とはいえ、薬剤師は資格があれば転職はむずかしくない仕事ですから、無理をしてストレスで体を壊すよりは、転職するのもよいのではないでしょうか。

労災病院の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

労災病院の薬剤師転職の基礎

条件別の労災病院の薬剤師求人

労災病院の薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2017 労災病院薬剤師求人ガイド【※人気転職サイトの徹底比較】 All Rights Reserved.