労災病院の薬剤師の志望動機

労災病院薬剤師TOP >> 基礎 >> 労災病院の薬剤師の志望動機

労災病院の薬剤師の志望動機

薬剤師が労災病院への就職・転職を目指す場合にはまずその仕事内容をよく把握しておく必要があります。その名称の通り、労働災害による怪我や病気の治療を行うのがおもな仕事ですが、薬剤師にはその環境ならではの役割が求められています。この仕事内容への理解は志望動機や採用担当者へのアピールとも関わってくるだけに重要なポイントとなります。

どの仕事でも志望動機には応募先の仕事内容に関する深い理解を示す必要があります。ただやる気をアピールするだけでなく、労災病院での仕事のどのような点に意欲を持っているのか、自分の知識やスキルをどういった点で役立てていきたいのかを明確にする必要があるわけです。労災病院では調剤業務のみならず服薬指導も重要なポイントとなります。また注射薬の調剤を行うほか、患者からの相談業務も請負います。長期間の治療・療養が必要な患者に対しては健康状態をよく把握し、その都度最適な薬剤を選択する役割も求められますし、医師との連携も大事なポイントです。こうした幅広い範囲で求められる役割の中で自分のスキルやキャリアをどう上手く活かしていこうと考えているのかを志望動機の中に盛り込んでいきたいところです。

もう一歩踏み込んだ志望動機を用意したい場合には労働災害や労働者災害補償保険に関する理解を盛り込んだ内容を目指しましょう。労災を巡る企業と労働者の間のトラブルや訴訟問題が増え、労働者に不当な就業環境を強いるいわゆるブラック企業も多々存在する中で、労災病院が今後どのような役割を担っていくのか。また労災病院で働く薬剤師がどのような形で貢献できるのか、通常の医療機関とは患者との接し方も異なってくるだけに、こうした面での理解も重要になってきます。

あとはやはり自己アピールです。薬剤師の資格を保有している以上、基本的なスキルは身につけていることが大前提となりますから、それにプラスしてどれだけ労災病院への適正をアピールできるかです。たとえば医療機関で勤務していた場合にはチーム医療での実績をアピールしたいところですし、ドラッグストアでの勤務ではコミュニケーション能力の高さを強調するとよいアピールになります。この点は先にあげた労災病院の仕事への理解度とも関わってくるだけに事前にしっかりと準備しておきたいところです。

ただ、労災病院の情報はなかなか入手しづらいというのが実際のところ。1人ではうまく志望動機を書けないという人は薬剤師求人サイトのサポートをうまく活用しましょう。キャリアコンサルタントと相談しながら作成していけばよりよい志望動機を書けるはずです。

労災病院の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

労災病院の薬剤師転職の基礎

条件別の労災病院の薬剤師求人

労災病院の薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2017 労災病院薬剤師求人ガイド【※人気転職サイトの徹底比較】 All Rights Reserved.