労災病院の薬剤師の残業

労災病院薬剤師TOP >> 基礎 >> 労災病院の薬剤師の残業

労災病院の薬剤師の残業

薬剤師は勤務先によってかなり残業時間の異なる職種です。たとえば、調剤薬局に勤務している場合などは、閉店時間が決まっているためほとんど残業はありません。また、ドラッグストアなどで営業時間が長い場合は交代の薬剤師が不足していたりすると残業になることもありますが、最近では薬剤師のいない時間帯は第一類医薬品の販売を停止する店も増えており、この点も店による判断ということになるでしょう。それでは病院勤務の薬剤師の場合はというと、他の勤務先に比べるとどうしても残業が多い傾向にあります。

その理由のひとつは、やはり薬剤師が不足気味だということ。薬剤師の数が足りないと、当然ひとりひとりの負担が大きくなり、勤務時間内に終わらない仕事量になってしまうことも少なくありません。また、交代の時間であっても交代する薬剤師の数が足りないとどうしても交代がずれこんだりするのです。こうした人数不足による残業の多さは、当然病院によって違っています。なかなか薬剤師を募集しても来ない病院や、人間関係や勤務体制による問題でなかなか人が続かない病院などは、残業が多くなる傾向にあるといえるでしょう。

その他、総合病院勤務の薬剤師の残業が多い要因に、勉強会や研修があります。これは薬剤師としてスキルアップするためにはとても役立つのですが、就業時間後に行われることも多いため、これが残業になってしまいます。また、病院などでの研修会に参加するだけでなく、レポートなど自宅に持ち帰ってやる課題などが増えると、それも目に見えない残業になってしまうため、負担に感じてしまうかもしれません。薬剤師はもちろん学校などで勉強して資格試験に合格しているわけですから薬についての知識はあるはずなのですが、現在でも薬のついての研究は進んでおり、年々新しい薬が開発されているため、常に新しい知識を身に着けることは薬剤師にとってはとても重要なことです。そのため、残業にはなるものの、積極的に研修を受ける薬剤師は少なくありません。

また、労災病院は労働災害やその健康被害、労働者の健康維持について、さまざまな取り組みを行っています。これらは医師や看護師、薬剤師などが一丸となって取り組んでいることですが、他脳病院にはないこうした業務があるために、勤務時間内に仕事が終わらない場合もあります。残業が増えるのは大変ですが、他の病院にはないやりがいがあると考えて、ポジティブに取り組んでいきたいものです。

労災病院の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

労災病院の薬剤師転職の基礎

条件別の労災病院の薬剤師求人

労災病院の薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2017 労災病院薬剤師求人ガイド【※人気転職サイトの徹底比較】 All Rights Reserved.