労災病院の薬剤師の求人倍率

労災病院薬剤師TOP >> 基礎 >> 労災病院の薬剤師の求人倍率

労災病院の薬剤師の求人倍率

薬剤師は慢性的な人材不足に陥っていると言われる一方、今後過剰問題が浮上するという意見もあり、就職・転職に有利な状況なのかどうなのかよくわからない面もあります。この点は情報がなかなか入手しにくい労災病院においてとくに顕著な傾向が見られ、就職・転職しやすい職場なのかどうか事前に調べるのが難しい面があります。

では労災病院の薬剤師の求人倍率はどの程度なのでしょうか。残念ながら具体的な数字を知ることができるデータはありません。施設の数が少なく、データがなかなか揃わないのがおもな理由です。なお、薬剤師の有効求人倍率は7〜8倍程度といわれており、人手不足の状況、もっと言えば売り手市場であることがうかがえます。労災病院の場合、一度の募集が1〜2名程度と少なく、しかも安定した就業環境が見込めることから求人倍率もより高くなることが予想されます。

一方、不定期に募集をかけることも多いため、エリアや募集時期によっては意外なほど応募が集まらないケースも見られます。2名程度の募集でも応募期間を「募集人数に達するまで」と設定したうえで募集要項を掲載している労災病院もあるのです。そのため、いかに良い求人情報を早い段階でチェックできるかが鍵となります。最終的な応募者数は多くても、早い段階で締め切られた場合(つまり締め切られた後に募集が相次いだケース)にはさほど競争が激しくない状況で採用が決められることになるからです。この辺りも労災病院の求人倍率のデータを算出しにくい理由のひとつかもしれません。ですから、労災病院への就職・転職を希望している場合にはこまめに各病院の公式サイトをチェックして募集状況を確認しておくこと、また薬剤師求人サイトに登録して労災病院からの新着情報をいち早く入手できる環境を整えておくといった対策を行っておきましょう。

多くの労災病院では10人程度の薬剤師が在籍しています。欠員が生じた場合に急な募集をかけることも多く、応募期間が限られていること、採用決定後すぐに入職できることを応募資格としていることなどから実際の応募数が少ないケースも見られます。先に触れたように気が付いた時には応募期間が過ぎてしまうなど、働きながらの転職活動ですぐに入職するのが難しく泣く泣く応募を諦めるケースもあるからです。そのため、労災病院の求人を見付けても必ずしも自分が応募できる環境にあるとは限りません。この点も応募を難しくしている理由のひとつですが、できるだけ広いエリアからの求人をチェックし、自分が条件を満たしている求人を多く、早く知ることができる環境を用意しておくことも重要な対策となるでしょう。

労災病院の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

労災病院の薬剤師転職の基礎

条件別の労災病院の薬剤師求人

労災病院の薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2017 労災病院薬剤師求人ガイド【※人気転職サイトの徹底比較】 All Rights Reserved.