労災病院の薬剤師の転職理由

労災病院薬剤師TOP >> 基礎 >> 労災病院の薬剤師の転職理由

労災病院の薬剤師の転職理由

薬剤師は資格職ということもあって、転職するのはそれほど珍しいことではなく、求人も多いことから転職のしやすい職種です。ただし、労災病院で働く薬剤師は待遇が恵まれていることや、育児休暇などの福利厚生が整っていることから比較的勤続年数が長く、同じ職場で働き続ける傾向がありますが、それでも転職していく人はいます。そして、その転職理由もまちまちです。

まず多いのが、やはり人間関係でしょう。労災病院は待遇が良いだけに人の入れ替わりが少なくなります。出産や育児に関する福利厚生が整っているために、長く働き続けやすい職場です。その結果、人の入れ替わりが少なく、人間関係が上手くいかなかったときにやめなければ、逃げ場がない状況になってしまうのです。それなりの規模の総合病院とはいえ、薬剤師として働くのはせいぜい十数人程度ですから、コミュニケーションを取らざるを得ないのも辛いところです。労災病院の場合、他県にある別の労災病院への転勤などは事情があれば可能ですが、看護師のように院内での配置換えを行って人間関係の修正を行うこともできないので、いったんもめると問題がこじれやすいのです。そのため、人間関係ストレスが原因でやめていく薬剤師は少なくありません。

また、労災病院に限ったことではありませんが、総合病院に勤務する薬剤師はどうしても夜勤が回ってきます。しかも薬剤師の場合は病院の規模や人数によっては一人で夜勤ということもありますから、責任の面でも負担が大きくなりがちです。特にキャリアの浅い薬剤師になると、一人で夜中の勤務を任されることがストレスになって、やめていくこともあります。また、家庭の事情などで夜勤が難しい場合も、夜勤のない調剤薬局などに転職していくことが多いです。

労災病院は待遇が良く、教育がしっかりしていることで人気が高いのですが、逆に研修や勉強会があるのが嫌でやめてしまう人もいます。確かに研修や勉強会があると帰宅してからレポートを書かなければならなかったり、発表する機会があったりと、大変な面もありますが、薬剤師としてスキルアップするにはとても恵まれた環境です。とりあえず資格があれば仕事に就くのは難しくないので、スキルアップを望まずにとりあえず働くことも可能です。ライフスタイルとの兼ね合いもありますので、働きやすい環境を選んで働き、可能であればスキルアップも図るというのがいいのかもしれません。

労災病院の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

労災病院の薬剤師転職の基礎

条件別の労災病院の薬剤師求人

労災病院の薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2017 労災病院薬剤師求人ガイド【※人気転職サイトの徹底比較】 All Rights Reserved.