労災病院の薬剤師のやりがい

労災病院薬剤師TOP >> 基礎 >> 労災病院の薬剤師のやりがい

労災病院の薬剤師のやりがい

労災病院での薬剤師の業務は、基本的には一般の病院と違いありません。全国にある労災病院はどこもそれなりの規模の総合病院になりますから、まず総合病院で働く薬剤師の業務が基本になるといって良いでしょう。つまり、入院患者の服薬指導や調剤、医師と薬についての打ち合わせを行うのが主な業務です。一般の調剤薬局との違いは、処方箋に基づいて薬の処方や説明を行うだけでなく、患者さんと直接接しながら薬について詳しく説明を行い、その薬を継続的に服用する患者さんを間近に見ることができることです。

これは、労災病院だからというよりは、総合病院で働く薬剤師が感じるやりがいといってよいでしょう。薬局勤務だと患者さんに薬の説明をして手渡すまでは行いますが、患者さんとのかかわりはそこまでで、実際にその薬でどのように回復したのかという経過を見ることができません。そのため、患者さんの役に立ったという実感を得にくいという人も多く、総合病院での薬剤師勤務を希望する理由の一つになっているのです。

しかも、総合病院の場合は医師の処方通りに調剤するだけでなく、薬の選択や調剤について医師と相談しながら治療を進めていくことも少なくありません。薬のスペシャリストとして、治療にかかわることができるというのも、総合病院で働く薬剤師にとっては大きなやりがいとなっています。

さらに、労災病院が他の総合病院と違うところは、労働災害に関する健康問題について研究を行ったり、労働者が健康を回復して社会復帰を行うまでのサポートを行うほか、労働者が健康的に生活できるような健康管理の面を行ったりもしています。そのため、病気の予防という観点からの投薬説明を行ったり、指導を行うのも労災病院の薬剤師の仕事です。そのため、一般の病院の薬剤師に比べて、より幅広い薬の知識を身につけなければなりませんが、それもやりがいのひとつになっているのは確かでしょう。

また、健康管理という点で指導を行う機会が多いことから、病気の人に薬の説明をするだけでなく、健康な人に対しての説明をすることも少なくありません。人と接することが好きな人にとっては、普通の病院よりもさまざまな人と接することができるチャンスがあることも、魅力だといえるのではないでしょうか。もちろん公的な役割を持つ病院ということで、薬剤師の待遇も良く、安定した職場であるというのも人によってはモチベーションになるかもしれません。

労災病院の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

労災病院の薬剤師転職の基礎

条件別の労災病院の薬剤師求人

労災病院の薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2017 労災病院薬剤師求人ガイド【※人気転職サイトの徹底比較】 All Rights Reserved.