労災病院の薬剤師の年収・給料

労災病院薬剤師TOP >> 基礎 >> 労災病院の薬剤師の年収・給料

労災病院の薬剤師の年収・給料

労災病院の薬剤師はどの程度の年収・給料を得ているのでしょうか。病院薬剤師の中でもやや特殊な環境にある労災病院勤務。調剤業務や服薬指導といった従来の仕事に加え、生活習慣病対策など予防医学、さらに社会復帰・就労支援などのサポートなども行っているだけに、収入面で恵まれているのではとのイメージもあります。実際のところはどの程度なのでしょうか。

どの労災病院でも薬剤部に所属する薬剤師は10名程度です。そのためどうしてもデータが少なく、明確な平均年収にデータはありません。労災病院はどこも運営元が同じなため、施設ごとに年収・給料に極端な違いが出るわけではありません。全国各地に施設がありますが、エリアによって給与水準に違いが出ることもほとんどありません。この点は一般の医療機関と大きく異なる点でしょう。

具体的な金額は薬剤師ひとりひとりのキャリアや年齢によって異なってきますが、基本給は19万〜20万円。とくに19万4100円に設定されているところが多く見られます。新卒の場合はこの金額が原則として初任給となるのでしょう。転職による中途採用の場合はこれにプラスして年齢・経験が加味されて決定されることになります。なお、基本給でひとつ注意しておきたいのは労災病院によっては6年制の薬学部を出たか、4年制の薬学部を出たかで基本給に違いが出てくることです。4年制の場合は低く抑えられることがあり、18万円前後になります。この点は設定に違いがあるところとそうでないところがあるので4年制卒業で中途採用を目指す人はあらかじめ確認しておく必要があるでしょう。

さらに基本給に加えて諸手当がつきます。手当には通勤手当のように大半の薬剤師が受け取れるものもあれば、扶養手当、住居手当などのように生活環境によって受け取れるもの、あるいは夜勤手当や期末勤勉手当、宿日直手当のように就業環境によって受け取れるものがあります。さらに寒冷地手当のように特定のエリアでのみ設定されている手当もあります。そのため月々どの程度の手当を受け取れるのかはひとりひとりの働く環境によって異なります。

ボーナスは年2回で、具体的な金額については各労災病院ごとに若干の違いが見られますが、4ヵ月分程度と見て間違いないでしょう。

こうしたポイントを踏まえたうえで労災病院の薬剤師の年収・給料を検討してみると500万円〜600万円程度となるでしょうか。高いと見るか低いと見るかは人それぞれですから、就業環境も踏まえた上で総合的な判断を下すようにしましょう。

労災病院の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

労災病院の薬剤師転職の基礎

条件別の労災病院の薬剤師求人

労災病院の薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2017 労災病院薬剤師求人ガイド【※人気転職サイトの徹底比較】 All Rights Reserved.