労災病院の薬剤師の自己PR

労災病院薬剤師TOP >> 基礎 >> 労災病院の薬剤師の自己PR

労災病院の薬剤師の自己PR

労災病院の就職・転職においても面接が非常に重要なポイントとなります。試験と面接の結果を重要な採用基準としている労災病院も多く、いかに面接で点を稼ぐことができるがか大事なのです。労災病院における薬剤師の仕事では入院・外来両方の患者への服薬指導のほか、患者の健康状態や希望を踏まえたうえで薬剤の決定、あるいは医師やリハビリ関連の専門職とともにチーム医療の一員として働くなど、協調性をはじめとした人間性が大きな比重を占めます。面接はそんな薬剤師の人間性をチェックする上での重要な機会となるわけです。

こうした事情を踏まえた上で労災病院への就職・転職活動では効果的に自己PRを行っていく必要があります。ただ、この際注意が必要なのは自己PRの時だけ一生懸命自分をアピールするのではなく、面接全般でうまくアピール材料をちりばめていくこと。面接の際には必ずと言っていいほど「自己PRをしてください」という質問が出てきます。その際にここぞとばかりに力が入りすぎたアピールをしてしまうと気合ばかりが先走った内容に陥ってしまいがち。「新しい職場で頑張るつもりです!」「労働災害に苦しんでいる人たちの力になりたいんです!」といった意欲ばかりを前面に押し出した自己PRだけは避けるようにしましょう。

まず自分がこれまで薬剤師の仕事の中で身に着けてきたスキルやキャリアをうまく盛り込むこと。そのためには冒頭に挙げたような労災病院にかける薬剤師の役割をしっかりと把握している必要があります。医療機関でのチーム医療の実績がある場合にはその点を強調すること、調剤薬局での服薬指導やドラッグストアでの客とのコミュニケーションの実績がある場合にはその点を、労災病院での業務内容とうまく絡めながら強調していきます。「これまで服薬指導で培ってきたキャリアを活かし、患者の意向に沿った服薬指導と調剤業務を行えると思います」など、労災病院側のニーズを満たせるような内容を工夫しましょう。

面接全般でうまく自己PRを行う場合には面接の流れをあらかじめ把握しておくことが大事です。たとえば転職理由(または前の職場の退職理由)を聞かれた場合には前の職場に比べて労災病院の方が自分の能力や適正を活かせることを強調するよう努めます。どうしてもこうした質問では退職の言い訳に終始してしまいがちなだけにうまくアピールに結び付けられるような内容を心がけましょう。また、面接の最後には必ず質問はないかと尋ねられますが、入職後の具体的な勤務環境などここでも仕事への意欲をうかがわせる質問を心がければ自己PRに結びつくはずです。

労災病院の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

労災病院の薬剤師転職の基礎

条件別の労災病院の薬剤師求人

労災病院の薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2017 労災病院薬剤師求人ガイド【※人気転職サイトの徹底比較】 All Rights Reserved.