労災病院の薬剤師の退職金

労災病院薬剤師TOP >> 基礎 >> 労災病院の薬剤師の退職金

労災病院の薬剤師の退職金

労災病院で働く薬剤師は、公務員というわけではありませんが、その待遇は公務員に準じたものになっています。もちろん地域などによっても違いがありますし、経験年数などでも待遇は異なるので一概には言えませんが、基本的に6ヵ月以上勤務すれば退職金は支給されることになります。その金額は、勤続年数に応じて変わりますし、退職理由によっても支給率が異なってくるのでははっきりと決まっているわけではありません。ただし、公務員に準じた待遇ということですので、町の調剤薬局などに比べるとやはり金額としては大きくなるのではないでしょうか。

医師や看護師に比べると給料はやや低めに設定されていることが多い薬剤師ですが、それでも年収350〜400万円以上というところが大半ですし、それに加えて手当もいろいろと加算されます。最近は薬剤師が不足気味ということもあって、売り手市場なところがありますから、人気の労災病院で薬剤師求人が出ていることも少なくありません。ただし、安定している反面、公務員に準じた待遇ということで、たとえ売り手市場であっても募集している給料が跳ね上がるということはありませんし、退職金が一気に増えるということもありません。それでも、薬剤師の待遇としては恵まれた方ですし、勤続年数によっては退職金が保証されているというのは安心して働くことができるのではないでしょうか。

実際の金額は、もちろん勤続年数、働いている労災病院の場所、退職理由などでことなりますが、定年まで働いた場合は1千万円以上の退職金になるという試算が行われています。ちなみに、個人経営の薬局などの場合は退職金制度がないところも少なくありませんし、退職金制度がある薬局や、そこそこ大手のドラッグストアなどに勤務した場合でも勤続30年で退職金は500万円程度というのが相場。私立の総合病院の場合でも、35年以上勤務して退職金は700万円前後というのが一般的ですから、1000万円を超える場合もあるという労災病院の退職金がかなり好条件であるというのはよくわかります。

ただし、労災病院は全国にあるため地域によってはかなり条件も違ってきます。転職を考えている場合はその労災病院の待遇がどうなっているのか、退職金はどの程度でるのかなど、しっかり確認してから転職したほうがよいでしょう。退職金がないということはまずありませんが、病院によって細かい規定が異なるのは珍しくありません。

労災病院の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

労災病院の薬剤師転職の基礎

条件別の労災病院の薬剤師求人

労災病院の薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2017 労災病院薬剤師求人ガイド【※人気転職サイトの徹底比較】 All Rights Reserved.