労災病院の薬剤師に多い悩み

労災病院薬剤師TOP >> 基礎 >> 労災病院の薬剤師に多い悩み

労災病院の薬剤師に多い悩み

労災病院で薬剤師として働く場合は、他の総合病院と同じように夜勤があります。調剤薬局など、夜勤のない勤務先での経験が長い場合は、慣れない夜勤で体がキツイという人も少なくありません。しかも、看護師のように、忙しいながらも何人かで勤務するのと違って、病院によっては夜勤に入るのは一人だけ、ということもあるので、精神的にもプレッシャーを感じることもあります。薬剤師としての責任を一人で果たさなければならないというのは、キャリアの浅い薬剤師にとってはむずかしい面もあるでしょう。もちろん勤務体制は病院によって異なるので、夜勤の頻度や人数などはそれぞれ違いますから、必ずしも一人で夜勤に入るというわけではありません。

また、労災病院で働く薬剤師は、公務員ではないものの、それに準じた身分と待遇が与えられます。これは、薬剤師の待遇としてはかなり恵まれたものですし、安定もしているため比較的人気が高く、福利厚生が整っていることから長く勤める人が大半です。しかも、薬剤師は規模の大きい労災病院であっても十数人程度しか採用されないのが一般的なので、少ない人数でシフトを回すことになります。

転勤もないわけではありませんが、基本的には同じメンバーで顔を合わせて働く期間が長くなりがちです。もちろん、やりやすいメンバーばかりであれば何の問題もありませんが、苦手な人がいたり、仲が悪い人たちがいると、人間関係が悩みの種になってしまうのです。実際、人間関係を理由に退職する薬剤師は多く、一日中同じメンバーで顔を合わせていることになりますから、ストレスになりやすいのです。

さらに、人によっては労働者の健康を守るための活動に戸惑うこともあります。労働者の健康管理という点では、健康な労働者にそれを維持するための働きかけをすることもありますから、普通の病院とはどうしても違った活動が必要になることもあるのです。一般的な総合病院と同じ感覚で入職した人の中には、それが悩みになるケースもあります。ただし、この点は必ずしも負担になるということではなく、人によってはそれが逆にやりがいに感じることもあるので、必ずしも辛いというわけではありません。

他の病院ではなかなかできない経験ができることをプラスに感じながら働くことができれば、より積極的に業務に携わることができるでしょう。この点は、労災病院の特徴でもあるので、ぜひポジティブに考えたいところです。

労災病院の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

労災病院の薬剤師転職の基礎

条件別の労災病院の薬剤師求人

労災病院の薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2017 労災病院薬剤師求人ガイド【※人気転職サイトの徹底比較】 All Rights Reserved.