労災病院の薬剤師の仕事内容

労災病院薬剤師TOP >> 基礎 >> 労災病院の薬剤師の仕事内容

労災病院の薬剤師の仕事内容

労災病院では一般の医療行為はもちろんのこと、労働災害による病気・怪我を負った患者に対する医療行為も行っています。当然、薬剤師にも勤労者医療に即した役割が求められます。では具体的にどのような仕事を行っているのでしょうか。

まず基本的なところで、労災病院においても調剤業務がやはりメインの仕事となります。外来患者向けの窓口業務では医師の処方箋に基づいて調剤業務を行い、入院患者向けの業務では注射薬など日々の治療行為で使用する薬剤の調剤が行われます。その中には抗がん剤など高度な治療に用いられる薬もあるので責任重大です。他にも特殊な薬剤の製剤、上に上げた抗がん剤や入院患者向けの高カロリー輸液などの無菌調整なども病院勤務の薬剤師の大事な役割です。

そのほかには服薬指導があります。外来、入院患者ともに処方された薬剤を正しく服用するための指導・アドバイスを行います。とくに勤労者医療の場合、社会復帰も見据えた治療となるため、副作用が生活に支障をきたさないためにも服薬指導が重要になりますし、精神科・心療内科を設置した労災病院では抗うつ剤の投与が行われることもあるのでとくに大事な意味を持ちます。それから窓口業務では他の(患者の地元など)調剤薬局で薬を調剤してもらうための処方箋の発行、薬に関するさまざまな相談業務などもありますし、患者が入院する際にはこれまで服用してきた薬のチェックも行います。その薬と入院中に病院が処方する薬の間に相互作用や副作用が生じないようにするためです。

こうした一般的な薬剤師の業務に加え、労災病院ならではともいえる仕事もあります。まず労災関連に関わる業務です。代表的なところではアスベスト疾患など、特殊な治療環境の中で薬剤師がチーム医療の一員として調剤、服薬指導などを通して深く関与していくことになります。それから生活習慣病対策です。勤労者医療においては病気・怪我の治療だけでなく予防医学も重要な柱となります。心の病など再発しやすい病気を抱えることが多いこと、社会復帰を目指す必要があるといった観点からも予防医学が大事なのです。院内に設置された糖尿病教室や生活相談センターなどで薬剤師は日常生活における薬のアドバイスや食生活を含めた生活習慣の指導を医師などとともに行っていくことになります。

このように、労災病院での薬剤師は基本的には他の医療機関と同じ業務をこなしつつ、とくに労働者向けに必要な特別な仕事をいくつか担う形となっています。

労災病院の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

労災病院の薬剤師転職の基礎

条件別の労災病院の薬剤師求人

労災病院の薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2017 労災病院薬剤師求人ガイド【※人気転職サイトの徹底比較】 All Rights Reserved.