激務ではない労災病院の薬剤師求人

労災病院薬剤師TOP >> 条件別の薬剤師求人 >> 激務ではない労災病院の薬剤師求人

激務ではない労災病院の薬剤師求人

薬剤師が転職を考える理由には様々なことが考えられますが、現在の職場が激務で大変というのもひとつの理由としてあります。その為に、激務ではない労災病院の薬剤師求人を探す方もいます。では実際に労災病院の薬剤師の仕事内容は激務でないのでしょうか、それとも病院薬剤師は比較的激務と言われることが多いように、労災病院の薬剤師も激務なのでしょうか?

労災病院では一般の医療行為がメインですから薬剤師の仕事内容も一般の病院と大きく異なることはありません。外来患者に対する窓口業務においては、医師の処方箋を確認すると共に、それに基づいて調剤業務を行いますし、入院患者に対しては注射薬など日々の治療で使う薬剤の調剤をします。その他には、患者に対する服薬指導がありますし、外来患者にも薬剤を正しく服用するための指導・アドバイスなどを実施します。このように労災病院においても基本的なところは調剤業務が主な業務になるので、激務になってしまう可能性はあります。

さらに労災病院ならではともいえる仕事がこうした一般的な薬剤師の業務にプラスされる特徴があって、それは労災関連に関わる業務です。その為に特殊な治療環境の中でチーム医療の一員として薬剤師が、調剤・服薬指導などで深く関係することがあります。また病気やケガの治療だけでなく予防医学も重要なために生活習慣病対策にも関与していきますし、心の病などにも携わることになります。さらに、日常生活での薬のアドバイスや食生活を含めた生活習慣の指導などを医師など一緒になって実施していくこともあります。このように労災病院の薬剤師は、労働者向けに必要な特別な仕事を担当することにもなるので、一般の病院薬剤師よりも激務になってしまうことが考えられます。

ただし、激務になるかどうかを左右するのは担当する業務内容だけでなく、その業務をこなしていくスタッフの人数も大きく影響するのです。労災病院により違いはありますが、一般的に労災病院の薬剤部のスタッフは10人前後と言われています。例えば、このスタッフの人数が8人になれば、当然1人当たりの負担は大きくなってきます。この点を考えると、激務ではない労災病院の薬剤師求人を探すのなら、業務内容を確認することも大事なことですが、スタッフの人数を確認することも必要不可欠です。つまり、業務内容と人数のバランスがどのようになっているのかをチェックすることが大事なのです。その点をしっかりと理解していないと、激務ではない労災病院の薬剤師求人なのかの正しい判断はできません。

労災病院の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

労災病院の薬剤師転職の基礎

条件別の労災病院の薬剤師求人

労災病院の薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2017 労災病院薬剤師求人ガイド【※人気転職サイトの徹底比較】 All Rights Reserved.