青森労災病院の薬剤師採用情報

労災病院薬剤師TOP >> 採用情報 >> 青森労災病院の薬剤師採用情報

青森労災病院の薬剤師採用情報

青森労災病院は青森県八戸市にある労災指定病院です。病床数は474床。この病院ではスタッフと患者さんとの間の暖かい信頼関係の構築を目指した医療行為の実践を行っています。また患者さんの人格を尊重し、プライバシーやセカンドオピニオンを重視した医療を行っています。

診療科目も幅広く、内科では循環器から消化器、神経、内分泌の治療を行っているほか、糖尿病治療にも力を注いでいます。勤労者医療の分野ではリハビリテーション科や労働中の怪我に対応した整形外科、形成外科、怪我・病気の症状を診断する健康診断部などが設置されています。小児科や産婦人科といった勤労者医療とは直接関係のない診療科目が設置されているのも特徴として挙げられるでしょう。さらに糖尿病の合併症やがん性の疼痛を緩和する科、夜間や休日の救急搬送などの特掲診療料も設けられています。さらに施設認定として労災補償の保険が利用でき、生活保護や身体障害者が利用できる医院としての認定も受けています。こうした点からも労災病院としてはもちろん、幅広い分野で地域医療の中核病院として機能している様子がうかがえます。

そんな青森労災病院の薬剤部では医療の安全はもちろんのこと、患者さんが安心して服薬生活を送れるような質の高い薬剤・医療の提供や医薬品の適正使用などを心がけて日々業務を行っているほか、ひとりひとりが薬剤師としてのスキルアップ、自己研鑽を行っていることを目標としています。

業務にはまず調剤業務があります。もっとも基本の業務ですが、単に調剤を行うだけでなく、他の薬剤との相互作用や副作用などもよく吟味し、患者にとって最適な医薬品を提供するのも重要な役割です。

それから病院内での治療に使用する薬剤の調剤もあります。注射薬、抗がん剤など。こちらで投与量や期間などを考慮したうえで調剤業務を行うほか、無菌室で作業を行うなどより厳密な環境での作業が求められます。他には薬剤管理指導業務、医薬品管理、院内特殊製剤、薬歴管理、医薬品情報提供業務など、その役割幅広い範囲に及んでいます。さらに薬学正の実習の受け入れなど、教育関連にも関わっています。

そんな青森労災病院では平成26年6月現在では薬剤師の採用を行っていません。薬剤部に所属する薬剤師の数はそれほど多くはないため、募集も不定期になる傾向があります。求人の際には上に挙げた業務をしっかりこなせる人材が求められることでしょう。薬剤部の基本方針に共感でき、地域医療、労働者医療に貢献したいと思っている人は募集を待ってみてはいかがでしょうか。

労災病院の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

労災病院の薬剤師転職の基礎

条件別の労災病院の薬剤師求人

労災病院の薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2017 労災病院薬剤師求人ガイド【※人気転職サイトの徹底比較】 All Rights Reserved.