旭労災病院の薬剤師採用情報

労災病院薬剤師TOP >> 採用情報 >> 旭労災病院の薬剤師採用情報

旭労災病院の薬剤師採用情報

旭労災病院は愛知県尾張旭市にある労災病院です。愛知県に2つある労災病院のひとつで、開院は昭和35年。病床数は250床。かつては結核患者向けの治療体制が整えられている病院として機能していましたが、現在では一般病院としての医療が行われています。

診療科の特徴としては一般の科に加えて院内標榜科が細かく設置されていること。その中には糖尿病内分泌内科や膠原病内科、腎臓病内科など勤労者医療と直接関わる科も含まれています。さらに勤労者医療と関わる部門・施設として呼吸器病センターや勤労者メンタルヘルスセンター、労災疾病研究室なども設置されています。労災に関わる病気の研究を行っているのもこの病気の特徴として挙げられるでしょう。さらにもうひとつ、病気・怪我の治療と就労の両方をサポートする治療就労両立支援部が設置されているのも重要なポイントです。

そんな旭労災病院の薬剤部では薬剤部ではチーム医療の一員として幅広い業務を日々担当しています。外来患者さん向けの調剤業務はもちろんのこと、注射薬など治療に用いる薬剤の調剤や製剤、院内で使用されている薬剤の管理・保管、医療スタッフに対する医薬品情報の提供など病院勤務の薬剤師に必要な業務が一通り求められています。また外来・入院患者さんへの服薬指導にも力を注いでおり、相互作用や副作用に関する情報提供、入院時の持参薬のチェックと調査のほか、日々の服薬における適切な服用方法や管理方法の指導も細かく行っています。

錠剤、散剤、カプセル剤、ドライシップ剤など細かな薬剤の種類ごとに適切な指導を行っているほか、飲み方、噛んでよいのかどうか、飲む際に併せて摂取する水分の量など薬剤の効果を最大限に高めるための指導にも力を注いでいます。それだけ薬剤師ひとりひとりに医薬品に関する詳細な知識が求められるほか、患者さんひとりひとりの病状や薬歴の詳細な把握も求められることになります。

旭労災病院では平成26年6月現在で新たな薬剤師の募集は行っていません。これからこの病院への就職・転職を目指す場合にはまず募集が行われるのを待つ必要があります。まず病院の公式サイト上にある採用情報を細かくチェックしましょう。労災病院の場合嘱託職員としての募集も多いため、雇用環境にも注意したいところです。

勤労者医療はもちろんのこと、地域医療の拠点として多くの住民の医療の需要にこたえている旭労災病院。地域住民と触れ合いながら薬剤師としての経験を積んでいくことができるでしょう。

労災病院の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

労災病院の薬剤師転職の基礎

条件別の労災病院の薬剤師求人

労災病院の薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2017 労災病院薬剤師求人ガイド【※人気転職サイトの徹底比較】 All Rights Reserved.