福島労災病院の薬剤師採用情報

労災病院薬剤師TOP >> 採用情報 >> 福島労災病院の薬剤師採用情報

福島労災病院の薬剤師採用情報

福島労災病院は福島県いわき市にある労災指定病院です。開院は昭和28年。以来勤労者医療のみならず地域医療の中核病院として機能してきました。病床数は406床。患者本位の治療の実践、考えられる限り最高の環境の提供、さらに勤労者の健康管理やリハビリテーションの実践などを目的としています。

この病院の特徴としては基本的な診療科目が揃えられているほか、労災病院らしく勤労者医療のための心の電話相談、休日健康相談を行っているほか、栄養サポートセンターなども設置されています。こうした分野で薬剤師も幅広く活躍しています。なお、地域の医療支援やがん治療のための拠点、消化器病センターなど、地域医療の中核としての機能も高いレベルで備えられています。

平成24年の実績では入院患者の延べ数10万8569人、1日平均の患者数が297.4人、新入院患者数が6233人、病床利用率が76.8パーセントです。多くの人が病気・怪我の治療、日々の健康管理のためにこの病院を利用している様子がうかがえます。

そんな福島労災病院の薬剤部では18名のスタッフが「薬剤治療に責任を持てる薬剤師」をモットーに掲げて日々業務を行っています。他のエリアの労災病院に比べてスタッフの人数が多く、その分充実した環境が整っているともいえます。おもな業務としてはもっとも基本となる調剤業務です。この病院では電子カルテシステムや調剤支援システムを導入しており、よりスムーズな環境における的確・安全な調剤業務を目指しています。

それから注射薬の調剤があり、こちらもオーダリングシステムや調剤支援システムを導入するすることで安全性の維持を図っています。そのほかにも市販されていない医薬品の製剤、医薬品の安全性と効果を維持するための薬品管理、がん治療を受けている患者さんを対象としての化学療法への参加、医師や看護師への医薬品情報の提供、患者さんへの服薬指導なども行っています。もちろん、チームの一員として患者さんのサポートやケアなども大事な仕事です。

福島労災病院では平成26年6月現在、薬剤師の新規募集は行っていない状況です。ただ、スタッフの数も多く、不定期に求人を出すケースが見られるため、就職・転職を希望している人は病院の公式サイトで採用情報を細かくチェックしていくとよいでしょう。薬剤師同士、あるいはチーム医療のスタッフとの連携、コミュニケーション能力が問われる職場でもあります。薬剤師としてのスキルアップ、キャリアアップにも役立ていくことができるでしょう。

労災病院の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

労災病院の薬剤師転職の基礎

条件別の労災病院の薬剤師求人

労災病院の薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2017 労災病院薬剤師求人ガイド【※人気転職サイトの徹底比較】 All Rights Reserved.