北海道中央労災病院の薬剤師採用情報

労災病院薬剤師TOP >> 採用情報 >> 北海道中央労災病院の薬剤師採用情報

北海道中央労災病院の薬剤師採用情報

北海道中央労災病院では労災指定病院のひとつです。この病院は労災による病気や怪我の治療を行っているほか、服薬指導にも力を注いでいる病院です。その歴史も古く、設立は昭和30年、もともと産炭地であったエリアに設立されたこともあり、じん肺やクロム肺がん、振動病などの労災に対する治療に豊富な実績があります。

診療科目は内科や外科を始めとした多くの診療科が揃っており、病床数は312床です。300名以上の従業員が勤務しており、うち薬剤師は6名勤務しています。薬剤部に関しては少数精鋭での就業環境となっています。

では北海道中央労災病院の薬剤師採用はどのような状況にあるのでしょうか。正社員待遇での採用を3名ほど行っており、募集は随時。新卒・中途採用どちらも対象としています。現状薬剤部に所属している薬剤師の数を考えると3名の募集は大幅な増員といってもよいでしょう。北海道エリアで労災病院への転職を考えている薬剤師にとってはチャンスと言えるかもしれません。応募資格は薬剤師の免許を取得していることのみで、新卒の場合は取得見込みでも可能です。

採用については作文による筆記試験の面接のうえで決定され、本人に合否通知が行われます。具体的な試験日は定められておらず、応募の際に調整したうえで実施日が決められることになります。応募の際に必要な取る種類は顔写真を貼り付けた履歴書、薬剤師免許証の写し、もしくは新卒の場合は卒業見込証明書など複数の証明書の提出が必要となります。忘れないように注意しましょう。

それから採用情報の待遇面について。初任給は19万4000円。昇給は年1回、ボーナスは6月と12月の年2回。金額は平均月給の4.05ヶ月。ただし初年度に限り2.72ヶ月分と少なめに設定されています。給料にプラスされる諸手当には初任給調整手当、扶養手当、住居手当、時間外勤務手当、宿日直手当(待機勤務手当)、寒冷地手当(10月〜2月まで)などです。宿日直があるのがこの病院での勤務環境におけるポイントとなるでしょうか。

勤務時間は8時15分〜17時。上記のように夜間・休日に救急のために待機する機会もあります。休日は土日、祝日、年末年始。土日祝日に休むを確保できるのもこの労災病院のポイントといえるのではないでしょうか。厚生年金基金、単身者用宿舎、各種社会保険、本部研修、ブロック研修、病院研修などの福利厚生・教育制度も充実しています。

労災病院の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

労災病院の薬剤師転職の基礎

条件別の労災病院の薬剤師求人

労災病院の薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2017 労災病院薬剤師求人ガイド【※人気転職サイトの徹底比較】 All Rights Reserved.