関西労災病院の薬剤師採用情報

労災病院薬剤師TOP >> 採用情報 >> 関西労災病院の薬剤師採用情報

関西労災病院の薬剤師採用情報

関西労災病院は兵庫県尼崎市にある労災病院です。病床数は642床。関西エリアの労災病院の中核に位置する病院でもあります。労災病院としてだけでなく、地域医療の拠点としても重きをなしています。

規模の大きな病院ということもあり、設置されている診療科目も多岐にわたります。他の病院ではなかなか見られないものとしては重症治療部、シックハウス診療科などが挙げられます。他にも緩和ケア科、頭首部外科、心療内科・精神科、リハビリテーション科などは勤労者医療と深く関わる科として充実した医療環境が整えられています。もちろん、地域医療の拠点として主立った診療科目は一通り揃えられています。1日平均の入院患者数は538.6人、外来患者の1日平均は1265.3人。救急搬送患者数は3835人(いずれも平成25年)。このデータから見ても幅広い分野で地域医療に貢献し、多くの患者さんから信頼を受けているかかを窺うことができます。

その分薬剤師の役割も重要で薬剤部では専門性が重視された業務を日々行っています。とくにガン化学療法における役割が重視されており、処方監査や無菌調整などを行っているほか、治験業務では専任の薬剤師を設置するなど薬剤師としての専門的なスキルを活かせるための環境が整えられています。薬剤師としてのキャリアアップを目指したい人にはよい環境といえるのではないでしょうか。もちろん、患者に対する服薬指導など一般的な業務も行っています。

ではそんな関西労災病院の薬剤師採用情報について見てみましょう。現在嘱託職員の募集が行われています。業務内容は持参薬調査報告、疑義紹介、お薬相談対応、薬品管理、DIなど。ただし、応募条件が特殊になっており、薬剤師免許を取得したうえで障害者認定を受けていること、そしてコンピューター入力ができることが条件となっています。募集人数は若干名。採用は随時行っています。

嘱託職員なので給料は時給形式。時給は1210〜1970円。実務経験がある場合は考慮されたうえで加算されます。そのほかに超過勤務手当、通勤手当、健康保険、厚生年金および厚生年金基金、労災保険、雇用保険が用意されています。勤務時間は8時15分〜16時。実働は7時間で休憩が45分です。休日は土日・祝日。さらに年次有給休暇が採用6ヵ月後に10日間が付与、他にも夏季や年末年始、特別休暇があります。正規職員の募集も行われることがあり、関西エリアで労災病院で働いてみたいと思っている人にとっては見逃せない選択肢といえるのではないでしょうか。

労災病院の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

労災病院の薬剤師転職の基礎

条件別の労災病院の薬剤師求人

労災病院の薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2017 労災病院薬剤師求人ガイド【※人気転職サイトの徹底比較】 All Rights Reserved.