神戸労災病院の薬剤師採用情報

労災病院薬剤師TOP >> 採用情報 >> 神戸労災病院の薬剤師採用情報

神戸労災病院の薬剤師採用情報

神戸労災病院は兵庫県に2つある労災病院のひとつです。質の高さはもちろん、勤労者と地域の人々両方から信頼されるための心のこもった医療の提供を目標に運営されています。設立は昭和39年。これまで長きにわたって労災病院としてのみならず地域医療の中核施設として実績を重ねてきています。病床数は360床。

診療科目の特徴は一般的な科に加えて院内標榜科目も設置されていること、そしてその大半が勤労者労働と直接関わっていることです。心臓センターや腰痛センターといった体のトラブルだけでなく、心の電話相談や心療内科といった心の問題に対する業務も行っているほか、過労死予防のための健康電話相談やアスベスト疾患ブロックセンターなども設置されています。どれも労災病院に相応しい施設といえるでしょう。予防医学やメンタルヘルスに関するサービスを行っているのが特徴で、こうした分野でも薬剤師が日々活躍しています。

薬剤部では安全性も考慮したうえでの適切な医薬品の提供を行い、質の高い医療の提供の貢献を目指して薬剤師が日々業務を行っています。調剤業務や処方監査などのほか、入院患者が持参した薬の確認や処方提案、処方チェック、服薬指導、さらに病棟で保管されている薬剤の管理なども行っています。こうした薬剤師本来の業務のほか、糖尿病教室など上に挙げた予防医学に関する業務も積極的に行っています。

ではそんな神戸労災病院の薬剤師採用状況について見てみましょう。現在嘱託職員の募集が行われています。募集人数は1名。少数精鋭の形で運営されている薬剤部なので一度の募集人数も少なめとなっています。給与は時給形式で1130円〜1690円。具体的な金額や年齢やけいけん、キャリアなどを考慮したうえで決定されます。なおこの金額にプラスして諸手当の支給が受けられます。業務内容は上に挙げた調剤業務をはじめとした薬剤師の業務一般です。勤務時間は8時15分〜17時となっています。

応募資格は薬剤師免許を取得していること。応募の際には履歴書と免許証の写し、健康診断書の提出が必要です。健康診断書は6ヵ月以内に発酵されたもので、身長・体重・血圧・視力・聴力・胸部X線・医師の所見の記載があること。この点は事前に注意したうえで必ず揃えるよう心がけましょう。

選考は面接試験。随時行われており、総務課人事担当と調整のうえ決定されます。合意判定は文書にて本人に直接通知される形となります。労災病院で働いてみたい、という人は詳細を問い合わせてみてはいかがでしょうか。

労災病院の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

労災病院の薬剤師転職の基礎

条件別の労災病院の薬剤師求人

労災病院の薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2017 労災病院薬剤師求人ガイド【※人気転職サイトの徹底比較】 All Rights Reserved.