山陰労災病院の薬剤師採用情報

労災病院薬剤師TOP >> 採用情報 >> 山陰労災病院の薬剤師採用情報

山陰労災病院の薬剤師採用情報

山陰労災病院は鳥取県米子市にある労災病院です。山陰エリアでは唯一の労災病院となります。設立は昭和38年。病床数は383床です。

この病院の特徴は一般的な診療科目を一通り揃えている他、勤労者医療に関わる部門・設備を充実させている点にあります。代表的なところでは臨床研究支援センター、アスベスト疾患センター、勤労者メンタルヘルスセンター、栄養管理室など。これらの部門は薬剤師とも深く関わっているだけに重要でしょう。なお、労働中の病気や怪我だけでなく予防医学やメンタルヘルスにも重視した医療環境も整えられています。勤労者労働に見られやすいトラブルに幅広く対応している様子が窺えます。

もちろん、労災病院としてだけでなく地域医療の拠点としても豊富な実績を有しており、1日の平均入院患者数は318.2人、外来患者数は725.9人、さらに救急車による年間搬送数は3654人(いずれも平成24年)で、この数字を見てもいかに地域の人たちの医療と深く関わっているかがうかがえます。

ではそんな山陰労災病院の薬剤師採用情報について見てみましょう。正規職員の募集が現在2名ほど行われています。応募資格は薬剤師免許を取得しているか、平成27年薬学部卒業見込みで免許取得見込みであること。なお採用は平成27年4月からとなります。給料は基本給が19万4100円。そのほか中途採用の場合は経験・年齢が考慮されたうえで決定されます。手当ては時間外手当、通勤手当、住宅手当、扶養手当など。昇給は年1回、ボーナスは年2回。

勤務時間は8時15分〜17時ですが、注意点として、月3回程度の日直・宿直があります。家庭との両立を重視している場合にはあらかじめこの点を問い合わせて確認しておく必要がありそうです。休日に関しては完全週休2日制で、祝日も休日がとれます。そのほか年次有給休暇が20日、年末年始休暇が12月29日〜1月3日です。そのほかも夏期休暇、特別休暇の取得が可能です。福利厚生は各種社会保険完備、宿舎・院内保育所、福利厚生行事などか用意されています。

選考は作文と面接試験。応募時には写真添付の履歴書と免許証の写し、もしくは卒業見込み証明書・成績証明書が必要です。申し込みは病院の総務課へ郵送するか、直接時間するかの2通りになります。公式サイトでは郵送先と問合せ先の電話番号が記載されているため、気になる人はまず詳細を問い合わせてみてはいかがでしょうか。山陰エリアで唯一の労災病院ということもあり、就職を希望している人はこの募集はよいチャンスとなるでしょう。

労災病院の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

労災病院の薬剤師転職の基礎

条件別の労災病院の薬剤師求人

労災病院の薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2017 労災病院薬剤師求人ガイド【※人気転職サイトの徹底比較】 All Rights Reserved.