山口労災病院の薬剤師採用情報

労災病院薬剤師TOP >> 採用情報 >> 山口労災病院の薬剤師採用情報

山口労災病院の薬剤師採用情報

山口労災病院は山口県山陽小野田市にある労災病院です。設立は昭和30年。以来診療科目の増設を行いながら勤労者医療、ならびに地域医療の拠点として実績を重ねてきました。とくに近年ではリハビリテーションとメンタルヘルスに力を注いでおり、病気・怪我からの社会復帰を目指す取り組みがチーム医療の形で行われています。もちろん、薬剤師のチーム医療の一員として活躍しています。就労者の治療だけでなく、回復後の就労もサポートする「治療終了両立モデル事業」や、過労死を防ぐための「予防医療モデル事業」などの取り組みも山口労災病院の特徴といえるでしょう。勤労者医療のほか、急性期医療、脳卒中・心筋梗塞の拠点病院の指定も受けています。

勤労者医療と深く関わる診療科目にはリハビリテーション科と勤労者予防医療部がまず挙げられるほか、精神科も設置されています。体の病気・怪我だけでなく心の病気の治療にも応じているのです。さらに医療福祉相談によるメンタルケア、地域の病院との連携によるより充実した医療環境を目指すための地域医療連携質が設置されている点もこの病院ならではの特徴となりそうです。こうした科・部門で薬剤師が広く活躍しているのです。

医療を通した地域社会への貢献・活動も積極的で、勤労者向けの心の電話相談、医療・福祉に関する相談、社会復帰指導、他の医療機関との連携などを行っているほか、薬剤師が重要な役割を担う仕事としては糖尿病教室もあります。服薬指導はもちろんのこと、生活指導、併用する薬に関する注意などを行っています。こうした点は労災病院・地域医療の拠点ならではのものといえるでしょう。

そんな山口労災病院では正規職員の形で薬剤師の募集が行われています。労災病院の薬剤部に所属する薬剤師の数は少ないだけに正規職員での採用は大きなチャンスといえるでしょう。募集人数は2名。募集は随時。雇用開始は平成27年4月からとなります。

給料や就業環境などの待遇面は面談などで応相談のうえで決定されるため、気になる場合には事前に問い合わせをしておくとよいでしょう。病院の総務課庶務係で問い合わせに応じています。病院の公式サイトには電話・メール双方の連絡先が掲載されているのでチェックしてみましょう。

応募方法は写真貼付の履歴書、3ヵ月以内の健康診断書、中途採用者の場合には薬剤師免許証の写しが必要で、病院の総務課へ郵送するか、直接持参して提出します。応募は随時なので提出期限もありません。選考も随時行われていますから、十分な準備を行った上で応募するとよいでしょう。

労災病院の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

労災病院の薬剤師転職の基礎

条件別の労災病院の薬剤師求人

労災病院の薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2017 労災病院薬剤師求人ガイド【※人気転職サイトの徹底比較】 All Rights Reserved.